恵友会

電話でのお問い合わせは、028-676-3500

ひびき(多機能型)施設紹介

hibiki

ひびき外観

〒321-0403

栃木県宇都宮市下小倉町1536

TEL 028-666-7601

FAX 028-666-7602

shogaifukushi-hibiki@road.ocn.ne.jp

サービス提供日

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)

土曜日営業あり(レクリエーション)

利用定員
60名
職員配置
施設長、副施設長、センター長、サービス管理責任者、児童発達支援管理責任者、目標工賃達成指導員、生活支援員、就労支援員、職業指導員、相談支援専門員、相談支援従事者、看護師、運転手

ひびきについて

ひびきは多くの皆様の期待を受け、平成23年4月開設予定でしたが、東日本大震災により1ヶ月遅れの開設となりました。当時は、厨房設備納期遅れのため給食が提供できない等困難もありましたが関係者の協力で乗り切りました。前途多難な船出でしたが、あれから6年が経過し、現在は利用者・保護者の皆様はじめ地域の方々のご理解とご協力を賜り、お陰様で現在は円滑な施設運営を行なえております。

就労支援課は、民間企業で十分活躍できる人材の育成、就労に必要な知識や能力向上のための訓練、これらを充実させ就職者を輩出することと、平成29年度の就労継続支援B型の平均工賃が26,000円を達成することを目指します。生活支援課については、余暇活動をいかに充実させるかを考え、利用者満足度の向上を目標に日々励んでおります。

今後も職員一同、法人のスローガン「職員の質の向上」に一層努力し、より良いサービスの提供に努めてまいります。


施設長 千代和子

就労移行支援

ゆとりと生きがいを持った活動

一般企業への就労を希望する利用者に対し、一定期間、生産活動を通じて就労に必要な知識及び能力向上のための訓練等を提供します。

作業内容

パン・焼菓子等の製造、パン・焼菓子等の販売、給食作業、軽作業、他

就労継続支援B型

一般企業への就労が困難である利用者に対し、就労の機会及びその知識や能力向上のための訓練等を提供します。

作業内容

パン・焼菓子等の製造、パン・焼菓子等の販売、給食作業軽作業施設外就労他

  • 作業実績に応じた工賃支給
  • 利用者の希望や個性に応じた作業班編成
  • パン作業班(工房 梦)

    オリジナル商品のこんにゃく米粉パンを主流に、各種クッキーを製造し、近隣レジャー施設、幼稚園、直売所などに納入します。

  • 給食作業班

    衛生管理を徹底し、栄養バランスのとれたおいしい給食を提供するための補助作業を行います。

  • 軽作業班

    個々の能力に合わせて、リサイクル品の仕分け、タオルたたみ、アルミ缶回収、季節商品の袋入れ、うどんの仕入販売等の作業を行っています。

  • 施設外就労

    一般企業内におけるLED照明器具の加工作業を行っています。

生活介護

在宅の障がい者の自立や社会参加の促進を図り、生活介護支援、文化的活動を提供します。

作業内容

送迎、入浴、創作活動、生産活動、レクリエーション、その他(月~金曜日)

  • 利用者のエンパワーメントの向上
  • 家族の精神的・肉体的負担の軽減
  • 介護についての相談、助言などの専門的支援
  • 入浴支援

    利用者それぞれの身体機能に合わせた安全な入浴支援をします。

  • 創作活動

  • 音楽教室

  • 屋外活動

  • 作業

短期入所事業

介護者の疾病その他の理由で、障がい児者を短期間入所預かり、入浴、排せつ、食事の介助などのサービスを提供します。

放課後等デイサービス

放課後等デイサービス

平成25年4月から、ひびきの新規事業としてスタートした放課後等デイサービスは特別支援学校等に就学している障がい児を対象に受け入れ、放課後や長期休暇時の支援を行っています。ひびきでは、生活能力向上のための支援を継続的に行うことを目的に、子供たちが「安心」して楽しく過ごし心の「豊かさ」を養いながら一人ひとりの「可能性」を伸ばしていく学びと遊びの場を充実させ提供していきます。

■定員/10名、■営業日/月~金(土日祝日及び12月29日~1月3日は休み)、■営業時間/9:00~17:00

日中一時支援

障がい者(児)を一時的に預かり、見守り等の支援を行うことにより、障がい者(児)の日中における活動の場の確保やその家族の就労支援、介護負担の軽減を図ることを目的として支援を行ないます。

相談支援センターひびき

障害福祉サービスの利用を希望する障害者からの依頼を受け「サービス等利用計画」を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援(計画相談支援)を実施するほか、障害児者等からの様々な相談を受け支援を行います。

共同生活援助

障害のある方に対して、主に夜間において、共同生活を営む住居で相談、入浴、排せつまたは食事の介護、その他の日常生活上の援助を行ないます。

(ひびき担当グループホーム:あおい、わかな)

ひびきまつり

歌って踊って食べて、地域のみなさんとふれあう楽しいひととき、「ひびきまつり」は毎年10月に開催します。

MAP